ハヤテのごとく!17巻 感想・ネタバレ

1~4話はハヤテのごとくが「サンデーのこち亀」と言われている所以がよく分かる、こち亀っぽいお話です。普通に面白いです。あと、バタリアン見たくなりました。

 

そして、5話からは、遂に「アテネ編」が始まりました。

アテネ編は、タイトルがいちいちかっこよくて痺れます。

畑先生は、このお話を描いても良いかとても迷っていたようですが、その理由がよく分かるくらい暗いお話です。ひたすら悲しいです。

だけど、裏表紙にも書いてあった通り、これは「綾崎ハヤテ」という人物が如何にして出来上がったかというお話であり、このお話あってこそのハヤテのごとくだと言ってもいいくらい、とても重要なお話だと思います。

 

それにしても、アテネ編ってものすっごくオシャレなお話だなと思います。

厨二病心を激しく揺さぶられるような感じ。

Gファンタジーっぽいお話です。

悲しくも美しいアテネ編は次巻へ続きます。

f:id:Opening:20170728230122j:image